産経ニュース

【衝撃事件の核心】少女を殺そうとした朝日販売店の28歳 座間9遺体事件の影響を本当に受けていないのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
少女を殺そうとした朝日販売店の28歳 座間9遺体事件の影響を本当に受けていないのか

 今月2日の夕方、少女を勤務先の販売店の寮である自宅アパートに連れ込んだ斎藤容疑者は、首を手やビニールひもで絞めて殺害しようとした後、意識がもうろうとした状態の少女に乱暴。翌3日、少女は斎藤容疑者が仕事に出かけた隙にアパートから逃げ出し、携帯に着信のあった父親と連絡を取って保護された。

 八王子署の調べに対し、斎藤容疑者は「殺してほしいと言われたので殺そうと思った。少女の目的を遂げてあげたかった」などと供述。アパートの部屋からは犯行に使用したとみられるビニールひもやはさみなどが押収された。

まねではないというが、酷似する手口

 昨年10月末に発覚した座間9遺体事件では、殺人容疑などで逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、ツイッターで自殺願望を書き込んだ女性らにメッセージを送り、次々と自宅に連れ込んで殺害したとみられている。「自殺を手伝う」などと言って誘い出す方法や、ロープを使って首を絞める手口は、今回の事件と酷似している。

 こうした手口の詳細が報道で明らかになったのは、被害者全員の身元が判明した11月中旬以降。斎藤容疑者がツイッターで複数の自殺志願者らにメッセージを送った時期と重なる。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング