産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅】ベルモンド アンデアン エクスプローラー号(1)「日本人」のひと言であっさり厳重ゲートが開き…南米初の豪華寝台列車で絶景チチカカ湖へ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅】
ベルモンド アンデアン エクスプローラー号(1)「日本人」のひと言であっさり厳重ゲートが開き…南米初の豪華寝台列車で絶景チチカカ湖へ

ワンチャク駅で出発準備を進めるベルモンド アンデアン エクスプローラー号 ワンチャク駅で出発準備を進めるベルモンド アンデアン エクスプローラー号

 2017年5月に運行を開始したばかりの、南米初の豪華寝台列車ベルモンド アンデアン エクスプローラー号。まだ誕生したばかりのこの列車。鉄道好きとして、ペルーに行くならハイラムビンガム号と共に絶対に外したくない列車だ。

 ベルモンド アンデアン エクスプローラー号が走行しているのは、次の4つのコース。

・クスコ発チチカカ湖経由アレキパ(アレキパは「白い街」と呼ばれる世界遺産の歴史地区)着2泊3日

・アレキパ発チチカカ湖経由クスコ着2泊2日

・クスコ発プーノ着1泊1日

・プーノ発クスコ着1泊1日

 私は、2泊3日かけてアレキパまで行きたいところではあったが、予算と日程の都合からやむなく「クスコ発プーノ着1泊1日」コースに乗車した。

 マチュピチュ遺跡観光の拠点であるクスコから、チチカカ湖観光の拠点となる街プーノへのアクセスは、地元の人たちの足である各駅停車の路線バスのほか、直行バス、道中で観光地に立ち寄る観光バス、鉄道がある。けれどもクスコからプーノへの道は治安があまりよいとは言えず、ストライキで閉鎖されたり、たまにバス強盗が出ることもあるとか。私のようにスペイン語のできない外国人の女性ひとり旅には、あまり薦められないと言う。ベルモンド アンデアン エクスプローラー号は、そんなルートさえ優雅な旅に変えてくれる待望の鉄道というわけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ベルモンド アンデアン エクスプローラー号(1)「日本人」のひと言であっさり厳重ゲートが開き…南米初の豪華寝台列車で絶景チチカカ湖へ
  • ベルモンド アンデアン エクスプローラー号(1)「日本人」のひと言であっさり厳重ゲートが開き…南米初の豪華寝台列車で絶景チチカカ湖へ
  • ベルモンド アンデアン エクスプローラー号(1)「日本人」のひと言であっさり厳重ゲートが開き…南米初の豪華寝台列車で絶景チチカカ湖へ
  • ベルモンド アンデアン エクスプローラー号(1)「日本人」のひと言であっさり厳重ゲートが開き…南米初の豪華寝台列車で絶景チチカカ湖へ
  • ベルモンド アンデアン エクスプローラー号(1)「日本人」のひと言であっさり厳重ゲートが開き…南米初の豪華寝台列車で絶景チチカカ湖へ

「ニュース」のランキング