産経ニュース

【平昌五輪】新潟・冬のアスリート センスの上に努力続ける天才 星野純子選手(28)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【平昌五輪】
新潟・冬のアスリート センスの上に努力続ける天才 星野純子選手(28)

平昌五輪出場を狙う星野純子選手=10月23日、長岡市(同市スポーツ協会提供) 平昌五輪出場を狙う星野純子選手=10月23日、長岡市(同市スポーツ協会提供)

 星野選手は2年前、カナダでのW杯の公式練習で、左ひざ前十字靱帯(じんたい)を断裂する大けがを負った。鈴木さんによると、昨季は雪上での練習を十分にできない状況だった。ようやく今季は復調し、昨秋のスイス遠征ではターンに力強さが戻り、帰国した際に星野選手も「良い仕上がり」と自信をみせていたという。

 ソチ五輪に出場したときは約280人がアオーレ長岡(同市大手通)の市民交流ホールで応援した。平昌五輪への出場が決まれば、鈴木さんらは前回を上回る応援を考えている。

 全日本スキー連盟が定めた平昌五輪の派遣推薦基準は、W杯8位以内が1回など。「モーグルは何が起きるか分からない種目なので、ハラハラしている」と鈴木さん。女子は絶対王者だったハナ・カーニー選手(米国)が引退して混戦模様でもあり、「出場できればメダルを目指してほしい」と熱い思いを隠しきれない。

 (新潟支局 市川雄二、写真も)      

 【ほしの・じゅんこ】平成元年9月25日、長岡市生まれ。28歳。2歳からスキーに親しみ、9歳からフリースタイルスキーを始める。市立栖吉中では陸上部、長岡向陵高では体操部に所属。新潟大人文学部卒。勤務先は福島県のホテルリステル猪苗代。ソチ五輪は予選で敗退。27年2月に秋田県で開かれたW杯で自己最高の2位。翌3月、全日本選手権で初優勝。

このニュースの写真

  • 新潟・冬のアスリート センスの上に努力続ける天才 星野純子選手(28)
  • 新潟・冬のアスリート センスの上に努力続ける天才 星野純子選手(28)

「ニュース」のランキング