産経ニュース

【小池知事定例会見録】北朝鮮の平昌五輪参加「極めて政治的で参加する、しないをカードに使った」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
北朝鮮の平昌五輪参加「極めて政治的で参加する、しないをカードに使った」

パンダのぬいぐるみを手に定例会見する東京都の小池百合子知事=12日、東京都新宿区の都庁(高橋裕子撮影) パンダのぬいぐるみを手に定例会見する東京都の小池百合子知事=12日、東京都新宿区の都庁(高橋裕子撮影)

 「しがらみというのは地方自治だけでなく、中には会社、一般的な企業、組織でもありがちだと思います。あるときは、それがルブリケーターの役割を果たすこともあるでしょうが、殊、行政におきましては、それが公金、公のお金で行われているということが、一般民間企業との、もしくは民間組織との違いになってくるんだろうと思います。そういう中で、こういった、先ほども申し上げましたように、それぞれ意見を述べて、そしてより良い結論に導くための場の確保、それが審議会であった方が良いのか、それとも審議会で議論されたことについては、後は議会の方で議論をしていけば良いのかということなのだろうと思います。私は、両方のチョイスの中で、より良い方法は何なのかというのを模索していくのが正しい道ではないかなと思っております」

 --帰宅困難者問題について決意を。この帰宅困難者問題では、新国立競技場についての避難場所、セットについては、今現在どういふうにやっているのか

 「はい。もう『(質問した)新宿新聞さんといえば帰宅困難者問題』と、私の方にもしっかり刷り込みが行われております。帰宅困難者については、今年もしっかり対応していけるように、ここの記者会見の場合でも、保険のあり方などについてもご指摘もございました。より帰宅困難者が困難でない状況にするために、ありとあらゆる場なども想定をしていきたいと思っております。中には、昨年の秋には、例えば、宗教関連の施設の皆さんが手を挙げてくださいまして、そして、例えば、お寺のお堂であるとか、神社、広い境内がある、それらを活用してくださってもオッケーです」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング