産経ニュース

【小池知事定例会見録】北朝鮮の平昌五輪参加「極めて政治的で参加する、しないをカードに使った」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
北朝鮮の平昌五輪参加「極めて政治的で参加する、しないをカードに使った」

パンダのぬいぐるみを手に定例会見する東京都の小池百合子知事=12日、東京都新宿区の都庁(高橋裕子撮影) パンダのぬいぐるみを手に定例会見する東京都の小池百合子知事=12日、東京都新宿区の都庁(高橋裕子撮影)

 --17日(水曜日)で阪神・淡路大震災から23年。改めてコメントなどを

 「ご指摘ありがとうございます。95年の、あの阪神大震災、特に大都市における震災という意味では、本当に悲惨なものでございました。死者も6,000人を超えるということで、大変な阿鼻叫喚の中、私も当時、地元選出の議員といたしましてもいろいろな、普段なら考えられないような作業などにも当たることになりました。十分なことができたとは思っておりませんけれども、逆に言えば、あの災害を契機にして、いかにして国民の、そしてまた市民の、都民の命を守るかということが大切かを痛感したところであります」

 「翻りまして、この東京の知事になった今、私はやはり、いつ、いかなる危険がこの大東京を襲うかもしれない。今、ちょうど予算の査定を行っているところでありますけれども、やはり『セーフ シティ』というのが一番先に来て、セーフだからこそ子育てをし、仕事をし、ということになるだろうと思っておりますし、また、かねてより無電柱化を進めてきたのも、よく日本は震災が多いから電柱なんだということが皆さん、そのように考えておられる方は圧倒的に多いんですけれども、阪神大震災を見る限りは、それだけではないというか、震災のときに電柱が倒れることによる救助の遅れなども実際はあるということから、今回も査定において無電柱化ということについては強く進められるような体制にしていきたいと考えております。はい」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング