産経ニュース

【小池知事定例会見録】北朝鮮の平昌五輪参加「極めて政治的で参加する、しないをカードに使った」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
北朝鮮の平昌五輪参加「極めて政治的で参加する、しないをカードに使った」

パンダのぬいぐるみを手に定例会見する東京都の小池百合子知事=12日、東京都新宿区の都庁(高橋裕子撮影) パンダのぬいぐるみを手に定例会見する東京都の小池百合子知事=12日、東京都新宿区の都庁(高橋裕子撮影)

 --平昌五輪の開会式への出席、視察は予定しているか

 「結論から申し上げますと、私は出席の予定はしておりません。リオの大会のときは、直前の夏季大会、夏の大会の運営状況などを、自ら確認をするという視察の意味もございました。そして、参考にするためということで参ったわけであります。それと、もう一つは、リオのときは、『オリパラの旗を預かる』という明確な、私は次の夏のオリンピック・パラリンピックの開催地としての旗の受け渡しにおける、受ける方の役目がございましたものでリオの方には参りましたが、今回は、それの役割は特にございません。ということで、私自身は行かない、出席はしないということでございます」

 --平昌五輪に北朝鮮も選手団を派遣する。受け止めを

 「オリンピックは『政治は関係ない』と言いつつ、極めて政治的で、参加する、しないをある種のカードに使ってきて、今は大変それは効果を発揮しているのではないか。逆に言えば、そのカードを持っているがゆえに、実際に始まるまでそのカードが使えますよね。『では、行きませんよ』という。ということで、大変その意味でも北は巧みだと思います。今回、いずれにしましても、できるだけ多くの選手が参加をするということで、平昌オリンピック・パラリンピックが盛り上がることは、これは普通に期待をしたいと思います」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング