産経ニュース

【経済インサイド】自分たちの首を絞める?EV普及で実は大変なコトわかった電力業界の懸念

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
自分たちの首を絞める?EV普及で実は大変なコトわかった電力業界の懸念

東京電力ホールディングスと日産自動車が共同で実施する実証試験に使うバン型EV「e-NV200」(イメージ写真) 東京電力ホールディングスと日産自動車が共同で実施する実証試験に使うバン型EV「e-NV200」(イメージ写真)

 中部電力も29年6月、トヨタ自動車などとプラグインハイブリッド車(PHV)や工場の蓄電池を制御し、再エネの変動に合わせて発電量を調整する実証試験を始めた。また、中部電は、トヨタの「プリウスPHV」所有者向けに、充電量に応じてポイントを与えるサービスも実施している。

 国内の電力会社がEV関連の事業を模索するのは、欧米でEVへの移行を促す規制が相次いでいるためだ。ドイツは2030年、フランスは40年にガソリン車などの販売を禁止する方針。世界最大の自動車市場の中国も19年からEVなど「新エネルギー車」を一定割合販売するようメーカーに義務付ける。世界を相手にする日本メーカーも、EVのラインアップ強化が進んでいる。

 このため、電気事業連合会の勝野哲会長(中部電社長)は「EVの普及で、販売電力量の増加が一定程度見込める」と評価する。

 だが、電力量への影響は限定的とする試算もある。電力中央研究所の林田元就氏の試算によると、30年にEVが国内の乗用車保有台数の15~20%を占めても、電力量の増加は1%程度にとどまる見通し。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自分たちの首を絞める?EV普及で実は大変なコトわかった電力業界の懸念
  • 自分たちの首を絞める?EV普及で実は大変なコトわかった電力業界の懸念
  • 自分たちの首を絞める?EV普及で実は大変なコトわかった電力業界の懸念

関連ニュース

「ニュース」のランキング