産経ニュース

【ぶらり路線バス】まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ぶらり路線バス】
まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った

芦ノ湖畔の「元箱根港」バス停から三島駅行きに乗車(篠原知存撮影) 芦ノ湖畔の「元箱根港」バス停から三島駅行きに乗車(篠原知存撮影)

 教えられたバス停で待っていると、やってきたのは東海バス「N12 沼津駅」行き。乗り込んだら、車内に手作りの案内文があった。なんでも「いすゞ・トップドアエルガミオ」という車体らしい。「エルガミオの中でも最初期に製造された、全国的にも珍しいワンステップワンドア車です」。

 見ればたしかに、普通は前後に2つある扉が、観光バスみたいに前にひとつだけしかない。「東海バスグループではこの1台だけが活躍しています!」とのこと。

 バスマニアだったら狂喜乱舞するところかもしれない。マニアじゃないので、乗り降りが大変じゃないのかなぁ…とか余計な心配もしてしまったが、説明がなければきっと気づいてなかったはずで、少し得をした気分にはなれた。

五十三次をかすめながら

 JR沼津駅では、富士急のバスターミナルがロータリーから外れた場所にあって、一瞬ひやっとしたが、無事に富士急バス「富54 富士駅」行きに乗り継ぐことができた。

 これがかなり長い距離の路線で、国道を外れて丘陵地をのんびりと走る。

 結果的に海岸沿いにある五十三次の13番目、原宿は通らないことになってしまったが、その次の吉原宿はきっちり経由したのでいいことにしよう。

 吉原中央駅という、電車の駅名みたいなバスターミナルが旧宿場町のようだ。さらに市街地をくねくね走って、JR富士駅に到着。日暮れも近づいていたので、本日はここまで。富士駅から新幹線のJR新富士駅まではバス路線もあったけど、座り疲れたのでぶらぶら散歩することに。

続きを読む

このニュースの写真

  • まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った
  • まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った
  • まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った
  • まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った
  • まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った
  • まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った
  • まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った
  • まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った

「ニュース」のランキング