産経ニュース

【ビジネス解読】米中より韓国のビットコイン市場が熱狂のワケ リスク抱え価格上昇永遠に続かないのに…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
米中より韓国のビットコイン市場が熱狂のワケ リスク抱え価格上昇永遠に続かないのに…

韓国・ソウル市内に設置されたビットコインの値動きを示すスクリーン。韓国のビットコイン市場の急加熱は国際的な注目を集めている(AP) 韓国・ソウル市内に設置されたビットコインの値動きを示すスクリーン。韓国のビットコイン市場の急加熱は国際的な注目を集めている(AP)

 韓国最大のビットコイン取引所のビットサムでは、2016年12月前半の取引量は約6万1000ビットコイン。しかし、17年12月前半は約99万3000ビットコインにのぼっており、取引量は1年で16倍超になった。

 仮想通貨情報サイト「コインヒルズ」によると、ビットサムはビットコインやイーサリアムなど複数の仮想通貨を合わせた取引量で、米国や香港、日本の大手取引所に匹敵する規模を持つ。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、12月前半の一時点では世界のビットコイン取引のうち4分の1を韓国が占め、人口が6倍以上ある米国の取引量を超えたという。

 韓国でビットコインブームが過熱している背景には、韓国では株価や不動産価格の上昇が続いた結果、さらなる大幅な値上がりが期待できる投資先を見つけることが難しくなっているという事情がある。韓国では仮想通貨取引への規制が緩いとの指摘も多い。また英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は「IT技術に明るく、流行に敏感な韓国民がビットコインに熱中している」と分析している。

 一方、韓国政府はビットコイン取引の急増に神経をとがらせている。韓国のビットコイン市場参加者には投資経験の少ない個人も多く含まれているとみられ、将来的な値下がりに耐えきれないほどのリスクを抱え込みかねない恐れがあるからだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米中より韓国のビットコイン市場が熱狂のワケ リスク抱え価格上昇永遠に続かないのに…
  • 米中より韓国のビットコイン市場が熱狂のワケ リスク抱え価格上昇永遠に続かないのに…

「ニュース」のランキング