産経ニュース

【iRONNA発】医師の偏在問題 僻地への派遣制度は解決の切り札になるか 山田隆司

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
医師の偏在問題 僻地への派遣制度は解決の切り札になるか 山田隆司

鹿児島県の離島で医療に取り組んでいた瀬戸上健二郎氏。強制派遣は医師偏在の解決になるか 鹿児島県の離島で医療に取り組んでいた瀬戸上健二郎氏。強制派遣は医師偏在の解決になるか

 都市部に集中しがちな医師の偏在解消に向け、厚生労働省が医師の僻地(へきち)への「強制派遣制度」を検討しているという。ただ、強制となれば医師らの反発が予想され、制度の是非をめぐって議論が活発化している。強制派遣は解決の切り札になるか。(iRONNA)

 多くの医学部卒業生は優秀な指導医、効率のよい研修、ライフワークバランスのよい環境を求めて都市部、大病院、特定の診療科へ集中する傾向がある。平成30年度から開始される新専門医制度でも、地域偏在を解消する対策を講じたにもかかわらず、都道府県格差あるいは診療科間の格差が広がっており、地域偏在の流れを食い止めるどころかさらに加速させるような勢いである。

 そこで出てきたのが地域偏在の解消策として厚労省が検討している「僻地への強制医師派遣制度」である。強制派遣というといかにも物々しい印象で、医療界からは、「医師の自由を損なう」、あるいは「プロフェッショナルオートノミー(職業的自律)に委ねるべきだ」などという反論が聞こえてきそうだ。しかし、今や反論しているだけではすまされない状況で、国全体の地域医療をどうやって守るのか、医療者全体のあり方が問われている。

社会的責務

 そもそも医師という職業自体が社会的責務を負っているからこそ、プロフェッショナルオートノミーが尊重されるのであって、この対応によっては日本社会における医師という職業の価値観に影響を及ぼすと言っても過言ではなかろう。

 これまで僻地など、医師不足地域の問題は、実際にそういった地域の病院や診療所の開設者・管理者の問題であり、主に自治医大や、地域枠の卒業生が担うべきことだとしか認識されてこなかった側面がある。多くの医師には当事者意識がなかったと言ってよい。奨学金という金銭的な契約で拘束された対象者だけで解決すべきだという極めて短絡的な手法に頼っていたのである。

続きを読む

このニュースの写真

  • 医師の偏在問題 僻地への派遣制度は解決の切り札になるか 山田隆司

「ニュース」のランキング