産経ニュース

【小池知事定例会見録】築地市場跡地利用は「民間の知恵を借りて」コンペ検討

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
築地市場跡地利用は「民間の知恵を借りて」コンペ検討

記者会見する東京都の小池百合子知事=5日午後、都庁 記者会見する東京都の小池百合子知事=5日午後、都庁

 「それから、3番目でございますけれども、これも周年絡みであります。今年、平成30年が江戸が東京になって150年の節目ということでございまして、この節目を記念いたしまして、東京の魅力を内外にPRをしてまいりたいと思います。そして、タイトルとして、『Old meets New 東京150年』という事業のネーミングになっておりまして、東京開府150年という、さまざまなイベントを行ってまいります。まず、この事業のPRを盛り上げるということで、象徴となるロゴマーク、ホームページとかポスターなどで活用するビジュアルのイメージも作ってみました。ロゴマークですけれども、都民の皆さんに伝統と革新が共存する東京の魅力を、この機会に改めて再発見していただくということで、『Tokyo Tokyo』のアイコンと統一感のあるものにいたしております」

 「それから、メインのビジュアルですけれども、東京の玄関として存在感のあります東京駅。先日、行幸通りを含めまして、とても素敵な玄関口ができ上がりました。OldとNewと、それをセットにいたしまして、東京、玄関口、これをモチーフにして、東京のパワー、そして期待感を表現したものとなっております。そのほか、東京150年の歴史や文化をイメージできるさまざまなポスターを順次作成をいたしまして、イベントであるとか事業に幅広く展開をいたしまして、東京150年事業を盛り上げてまいります」

 「それから、この主な事業を紹介する記念イベントを設けておりまして、例えば、今年の秋は、仮称ですが、東京150年祭を浜離宮恩賜庭園におきまして開催を予定いたしております。浜離宮の特徴的なロケーションを活かしまして、『Old meets New』を表現いたしますプロジェクションマッピングなどを行う予定といたしております。そのOldのところで、最新のテクノロジーを使うということで、東京の150年の魅力、文化を実感していただきたいと考えております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング