産経ニュース

【野党ウオッチ】「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

記者会見で新党「立憲民主党」の結成を表明した枝野幸男氏=平成29年10月2日、東京都千代田区(福島範和撮影)  記者会見で新党「立憲民主党」の結成を表明した枝野幸男氏=平成29年10月2日、東京都千代田区(福島範和撮影) 

 いずれにせよ立憲民主党には一定の期待もあるようだ。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)による昨年12月の合同世論調査での支持率は13・9%だった。希望の党(2・3%)や民進党(1・8%)に比べればはるかに高い水準にある。ただ、同年11月の前回調査(15・3%)からは下がっている。他の世論調査では一桁に落ち込んでいる結果もあり、衆院選躍進の熱は冷めつつある。

 支持率の低下にさらに拍車をかける可能性があるのが蓮舫元民進党代表(50)と、無所属ながら立憲民主党会派に所属していた山尾志桜里衆院議員(43)の入党だ。

 蓮舫氏は代表辞任を表明した約5カ月前まで先頭で党の再生を唱えてきただけに、ここにきての立憲民主党への入党は「投げ出し」「無責任」とのそしりを免れず、立憲民主党へのイメージにも影響しそうだ。

 蓮舫氏は入党にあたり記者団に「民進党の政策とほぼ同じ立憲民主党の側に立つことによって民進党と途中で合流して、一緒に頂上を目指すことができるのではという判断をした」と語った。つまり、将来的な立憲民主党と民進党の統一会派結成に向けて自分が橋渡し役を担うというのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

関連トピックス

「ニュース」のランキング