産経ニュース

【野党ウオッチ】「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

記者会見で新党「立憲民主党」の結成を表明した枝野幸男氏=平成29年10月2日、東京都千代田区(福島範和撮影)  記者会見で新党「立憲民主党」の結成を表明した枝野幸男氏=平成29年10月2日、東京都千代田区(福島範和撮影) 

 野党連携をめぐり立憲民主党の独自路線が際立っている。丸ごと党同士の統一会派や合流を視野に入れた動きとは一線を画し、議員個人の“一本釣り”で膨張している。昨年末には衆参合計の所属議員数で民進党を抜き、名実ともに野党第一党に躍り出た。枝野幸男代表(53)は「永田町の数合わせには加わらない」と公言しているが、巨大与党に対抗するためには野党のまとまりが必要なのも事実で、どこまで強気の姿勢を貫けるか。今月召集の通常国会が正念場となる。

 「立憲民主党は希望の党とは理念、政策が異なるとして設立された政党であり、統一会派は組めない。希望の党とは組まないことを確認していただきたい」

 昨年12月26日、立憲民主党の福山哲郎幹事長(55)は国会内で、民進党、希望の党、立憲民主党の3党による統一会派結成の申し入れに訪れた民進党の増子輝彦幹事長(70)に対しこう述べ、逆に注文を突きつけた。

 福山氏は増子氏との会談後、記者団に「われわれは3党での統一会派は目指さないので、そこは立場が明確に異なる」と強調した。さらに申し入れを持ち帰り党内で議論することすら「考えていない」と突き放した上で「われわれもこの問題で時間をかけるつもりは全くないので、早く回答してほしい」と民進党側に迫った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

関連トピックス

「ニュース」のランキング