産経ニュース

【2018大予測】消滅必至の民進、希望を横目に立民・枝野幸男代表vs共産・志位和夫委員長の暗闘始まる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018大予測】
消滅必至の民進、希望を横目に立民・枝野幸男代表vs共産・志位和夫委員長の暗闘始まる

平成29年10月8日、衆院選公示前の党首討論会で手をつなぐ立憲民主党の枝野幸男代表(右)と共産党の志位和夫委員長。再び手を握るか?=東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影) 平成29年10月8日、衆院選公示前の党首討論会で手をつなぐ立憲民主党の枝野幸男代表(右)と共産党の志位和夫委員長。再び手を握るか?=東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影)

 現在の野党を見渡すと、相対的に勢いがあるのは立憲民主党のように映る。五月雨式に民進党を飛び出してくる議員を拾い上げているうちに、いつのまにやら民進党を抜いて衆参合計で野党第一党となった。支持率もまずまずだし、迷走ぶりが際立つ民進党や希望の党に比べるとイメージもいい。民進党や希望の党は年内消滅がないとはいえないが、立憲民主党にも今年は高い壁が立ちはだかる。来年の参院選の選挙協力をめぐり、共産党から「踏み絵」を突きつけられることになりそうなのだ。

 「共闘の意思が立憲民主党の中心幹部から示されていないのが大変気になる。集会などに立憲民主党の幹部の方が来られたときのあいさつを聞いていると、『共闘』という言葉がなかなか出てこない」

 共産党の小池晃書記局長(57)は昨年12月25日の記者会見でこんな苦言を口にした。

 共産党との候補者一本化には取り組むが、政権をともにすることはない-。立憲民主党や民進党は、平成29年の衆院選と28年の参院選をこの姿勢で乗り切ってきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 消滅必至の民進、希望を横目に立民・枝野幸男代表vs共産・志位和夫委員長の暗闘始まる
  • 消滅必至の民進、希望を横目に立民・枝野幸男代表vs共産・志位和夫委員長の暗闘始まる
  • 消滅必至の民進、希望を横目に立民・枝野幸男代表vs共産・志位和夫委員長の暗闘始まる

関連トピックス

「ニュース」のランキング