産経ニュース

【日本スプリントの挑戦】400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本スプリントの挑戦】
400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上

2017年08月12日、陸上の世界選手権男子400メートルリレー決勝で銅メダルを獲得したのは(左から)藤光、多田、桐生、飯塚だった(川口良介撮影) 2017年08月12日、陸上の世界選手権男子400メートルリレー決勝で銅メダルを獲得したのは(左から)藤光、多田、桐生、飯塚だった(川口良介撮影)

 「僕と桐生じゃなかったら、そうしなかったかもしれない。波長が合った。出かけて、くだらない話をして。1日も昼寝しなかったですね。だから部屋に帰ってきたら疲れて、すぐ寝ちゃう感じでしたよ。気分がまぎれて、良い感じでリラックスしてリレーの日を迎えられたんじゃないかな」

 世界最速の男、ウサイン・ボルト(31)の最後の100メートルは2人揃って現地で観戦した。運良く準決勝と決勝のある大会2日目のチケットが手に入り、メーンスタンドのフィニッシュライン近くで、大歓声を浴びる雄姿を見届けた。

 ただ、藤光は直前まで、その“刺激”が桐生に与える影響を心配していた。

 ボルトは桐生にとって、ずっと憧れてきたスプリンターだ。サニブラウン・ハキーム(18)ら日本の3人は準決勝を走っているのに、自身は挑戦することすらできない。しかも、サニブラウンの今の走力なら、日本人初の9秒台を目の前で叩き出される可能性もあった。

 「誘って大丈夫かな? マイナスになる部分があるかな? って思ったんですけど、本人は『行きます』って。素直に見られていない雰囲気は横で感じてましたけど、あの100メートルが終わってからは吹っ切れたかな」

 ようやく2人に出番が回ってきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上
  • 400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上
  • 400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上

「ニュース」のランキング