産経ニュース

【話題の写真集】「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【話題の写真集】
「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき

深田恭子さん写真集「palpito」から 深田恭子さん写真集「palpito」から

いちばん大人

 18年1月18日から放送されるドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)の撮影中。“妊活”中の夫婦が、さまざまな生き方のカップルたちと“共同生活”する設定だ。それぞれの考え方に基づき生きる人々が交錯する。ドラマについて語る言葉も慎重だ。

 導き出される結論。「女優、深田恭子」は、非常にきまじめな女性である。これにつきる。

 話を写真集に戻せば、こんなふうに話す。

 「若い頃は、自己主張もありましたが、最近は、いい提案があればぜひ、と。そのほうが視野や考え方が広がります。年を重ねると、自分の考えだけでは限界も見えてきます」

 話を写真集に戻せば、こんなふうに話す。

 「若い頃は、自己主張もありましたが、最近は、いい提案があればぜひ、と。そのほうが視野や考え方が広がります。年を重ねると、自分の考えだけでは限界も見えてきます」

 改めて写真集のページを繰って気づいたが、笑顔の写真があまりない。帯のうたい文句は、「今までで、いちばん大人。ドキドキさせてくれる深田恭子」。深田さんが見せているのは、思慮深い表情なのだ。相変わらずあどけなさが残る面差しなのに、確かに「いちばん大人の深田恭子」がここにいる。

 インタビューが終わって写真撮影。ちょっとだけ笑ってみましょうかと声をかけると、ファインダーの向こうで口角を少しだけ上げた。少しだけ。その笑顔は、やはりどこか思慮深く、とても静かだった。(文化部 石井健)

 深田恭子 ふかだ・きょうこ。1982年、東京都生まれ。「第21回タレント・スカウト・キャラバン」(96年)でグランプリ獲得。翌97年ドラマ「FiVE」(日本テレビ系)で女優デビュー。98年の「神様、もう少しだけ」(フジテレビ系)で注目される。2004年、映画「下妻物語」で第59回毎日映画コンクール主演女優賞を最年少受賞となったほか複数の賞を受賞。09年3月公開の映画「YATTERMAN ~ヤッターマン~」で悪役のドロンジョ役。同年、初の大河ドラマ「天地人」(NHK)に淀役で出演。12年には「平清盛」(NHK)で大河ドラマ初ヒロイン・平時子を演じる。直近では「ハロー張りネズミ」(TBS系)。18年1月からは「隣の家族は青く見える」(フジ系)。テレビCMも多数出演。

 

このニュースの写真

  • 「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき
  • 「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき
  • 「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき
  • 「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき
  • 「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき
  • 「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき
  • 「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき
  • 「私は少し、慎重かも…」非常にきまじめな深田恭子さん 2017年のときめき

「ニュース」のランキング