産経ニュース

【スポーツ異聞】目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 

女子プロゴルフの鈴木愛は1億4000万円を稼ぎ賞金女王になった(林俊志撮影) 女子プロゴルフの鈴木愛は1億4000万円を稼ぎ賞金女王になった(林俊志撮影)

 Jリーガーはプロ野球と比較すると、低めだ。平均年俸は2313万円で、プロ野球選手の3分の1以下だ。しかも、入団時にプロ野球選手がもらうような破格の契約金(ドラフト1位の選手で1億円以上)ももらえない。

 それでも、平均年齢26.76歳での年俸で、一般のサラリーマンとは比較にならないほどの高給取りだし、1億円プレーヤーも少なくない。

 大久保嘉人(35)は2017年シーズン、FC東京で1億2000万円をもらっていたとされる。18年から川崎に移り、半分の6000万円になるが…。J1リーグ登録選手数は552人。野球と比べ、選手寿命が短いのも気になる。

 ゴルフも“稼げるプロ”ではある。米国を主戦場にする松山英樹(25)は2016~17年838万570ドル(約9億4280万円)で全体の4位に入った。

 国内勢では宮里優作(37)が1億8283万1982円で最も稼いだ選手になった。獲得賞金2位小平智(28)から6位の今平周吾(25)までが1億円プレーヤーになった。

 女子では鈴木愛(23)が1億4012万2631円で賞金女王に輝いた。こちらも6位の上田桃子(31)の1億182万977円まで6選手がずらりと並んだ。プロスポーツの世界ではまだまだ男子上位の世界だが、ゴルフは女子が“稼げる”舞台だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 
  • 目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 
  • 目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 
  • 目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 
  • 目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 
  • 目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 

「ニュース」のランキング