産経ニュース

北朝鮮が日本にミサイルを発射したらどうなるのか 軍事アナリストが教える有事の対処法

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


北朝鮮が日本にミサイルを発射したらどうなるのか 軍事アナリストが教える有事の対処法

軍事アナリスト、西村金一さん自筆のイラストによるミサイル比較 軍事アナリスト、西村金一さん自筆のイラストによるミサイル比較

 北朝鮮の弾道ミサイルが北海道上空を通過した際、全国瞬時警報システム(Jアラート)の緊急情報を受けて地下への避難など身を守る行動を取った人は5%台にとどまったことが、政府が12月13日に公表したインターネット調査で明らかになった。半数近くが「意味がないと思った」。が、実際、弾道ミサイルはどのように飛んできて、果たして避難には本当に意味がないのか。元自衛官で危機管理に詳しい軍事アナリスト、西村金一氏(65)=軍事・情報戦略研究所所長=に話を聞いたら、自筆のイラストとともに解説してくれた。

北朝鮮は四半世紀前から日本標的

 《日本の弾道ミサイル防衛は2段構えだ。海上自衛隊のイージス艦に配備されている迎撃ミサイルSM3と、日本国内にある航空自衛隊の地対空パトリオットミサイルPAC3。SM3は、弾道ミサイルを宇宙で破壊し、PAC3は、大気圏に再突入してきたところを迎え撃つ》

 --弾道ミサイルが撃ち込まれる可能性はあるのか?

 「僕はあると思います。日本に届く中距離弾道ミサイル『ノドン(蘆洞)=火星7号』は、1993年に最初の発射実験が行われました。そのころは内閣府の調査課というところにいたのですが、でも、日本海の真ん中ぐらい、500キロぐらいしか飛ばなかった。だから、(旧ソ連が開発した短距離弾道ミサイル)スカッドかな…とも思った。あるいは、ノドンかもしれないなと。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮が日本にミサイルを発射したらどうなるのか 軍事アナリストが教える有事の対処法
  • 北朝鮮が日本にミサイルを発射したらどうなるのか 軍事アナリストが教える有事の対処法
  • 北朝鮮が日本にミサイルを発射したらどうなるのか 軍事アナリストが教える有事の対処法
  • 北朝鮮が日本にミサイルを発射したらどうなるのか 軍事アナリストが教える有事の対処法

関連トピックス

「ニュース」のランキング