産経ニュース

【2018平昌五輪】大雪に備えて開会式「Bプラン」の仰天報道 VIP毛布は厚くて大きく「寒さに身分」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018平昌五輪】
大雪に備えて開会式「Bプラン」の仰天報道 VIP毛布は厚くて大きく「寒さに身分」

平昌五輪の開会式が行われるオリンピック・スタジアムだが、極寒対策の不備で悪天候の場合は屋内に変更される「Bプラン」が存在する(ロイター) 平昌五輪の開会式が行われるオリンピック・スタジアムだが、極寒対策の不備で悪天候の場合は屋内に変更される「Bプラン」が存在する(ロイター)

 朝鮮日報によると、組織委は最近、観客の視界を妨げない透明な素材の暴風幕の設置作業を始めたうえ、観客にカイロと膝掛けの防寒用品を配布すると報じた。

 ところが、韓国日報は、VIPは特別扱いされるといい、「平昌の寒さに身分があるのか」と疑問を呈した。英テレグラフ紙の報道を引用し、韓国の文在寅大統領、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長ら160人以上のVIPには一般の観客よりも厚くて、より大きい毛布を提供する予定だと報じた。組織委の関係者は方針の検討を認めたうえで、「一般の観客には気分が悪いだろうが、スポーツ観戦では入場券の価格に応じて提供されるサービスが違う場合があるのではないか」と話したという。

 開会式の入場券は22万~150万ウォン(約2万2000~15万円)と決して安くはない。大雪や極寒も加わり、韓国文化をアピールする開会式が盛り上がらないことが十分に予想される。

このニュースの写真

  • 大雪に備えて開会式「Bプラン」の仰天報道 VIP毛布は厚くて大きく「寒さに身分」
  • 大雪に備えて開会式「Bプラン」の仰天報道 VIP毛布は厚くて大きく「寒さに身分」
  • 大雪に備えて開会式「Bプラン」の仰天報道 VIP毛布は厚くて大きく「寒さに身分」

「ニュース」のランキング