産経ニュース

【iRONNA発】エルサレム問題 なぜトランプは「世界の常識」を覆したのか 中岡望

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
エルサレム問題 なぜトランプは「世界の常識」を覆したのか 中岡望

トランプ米大統領(右)と辞任が明らかになったパウエル大統領副補佐官=9月、ホワイトハウス(ロイター) トランプ米大統領(右)と辞任が明らかになったパウエル大統領副補佐官=9月、ホワイトハウス(ロイター)

 最後に、一つだけ気になる事柄を指摘しておく。それはトランプ政権の中東チームで唯一の非ユダヤ人であるパウエル大統領副補佐官が辞任を発表したことだ。もしかすると、トランプ氏の政策や中東チーム内の政策をめぐり確執があったのかもしれない。とすれば、トランプ氏の行動は熟慮を重ね、中東情勢の微妙な変化を読み取ったものとはいえなくなるかもしれない。

 【プロフィル】中岡望氏(なかおか・のぞむ) 東洋英和女学院大大学院客員教授。国際基督教大学卒、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)を経て、東洋経済新報社に入社し、『週刊東洋経済』編集委員などを歴任。ハーバード大客員研究員やワシントン大学(セントルイス)客員教授なども務めた。著書に『アメリカ保守革命』(中央公論新社)など。

 iRONNAは、産経新聞と複数の出版社が提携し、雑誌記事や評論家らの論考、著名ブロガーの記事などを集めた本格派オピニオンサイトです。各媒体の名物編集長らが参加し、タブーを恐れない鋭い視点の特集テーマを日替わりで掲載。ぜひ、「いろんな」で検索してください。

このニュースの写真

  • エルサレム問題 なぜトランプは「世界の常識」を覆したのか 中岡望

「ニュース」のランキング