産経ニュース

【iRONNA発】エルサレム問題 なぜトランプは「世界の常識」を覆したのか 中岡望

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
エルサレム問題 なぜトランプは「世界の常識」を覆したのか 中岡望

トランプ米大統領(右)と辞任が明らかになったパウエル大統領副補佐官=9月、ホワイトハウス(ロイター) トランプ米大統領(右)と辞任が明らかになったパウエル大統領副補佐官=9月、ホワイトハウス(ロイター)

 中東は再び「世界の火薬庫」に逆戻りするのか。トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と宣言し、波紋が広がっている。常識を覆す決定に各国は反発を強めるが、なぜこのタイミングだったのか。トランプ氏の真意を読み解く。(iRONNA)

 イスラエルは現在、政府と議会、最高裁をエルサレムに置き、実質的にイスラエルの首都として機能を果たしているが、大使館を置いている国は一カ国もない。エルサレム問題はイスラエルとパレスチナの対立の核心であり、和平交渉を阻害することになると考えられていた。だが、トランプ大統領は、そうした「世界の常識」を大きく変える決定を行ったのである。

 そもそも米国大使館をエルサレムに移すというのはトランプ氏の選挙公約であった。一部のメディアは、彼の支持基盤であるユダヤ系アメリカ人とエバンジェリカル(キリスト教原理主義者)に対する配慮があったと説明している。エバンジェリカルは聖書に基づき、神はエルサレムをユダヤ人に与えると考えており、エルサレムをイスラエルの首都として承認することを求めていたからだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • エルサレム問題 なぜトランプは「世界の常識」を覆したのか 中岡望

「ニュース」のランキング