産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】ダメな「親子就活」の例 親は積極的に関わるべきか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
ダメな「親子就活」の例 親は積極的に関わるべきか

人材サービス会社が親向けに開いた就職活動の勉強会=東京都内 人材サービス会社が親向けに開いた就職活動の勉強会=東京都内

 「親子就活」という言葉をご存じでしょうか。本コラムでも何回も書いてきましたので知っている人も多いと思います。近年の就職活動のトレンドになっている言葉ですが、子供の就活に親が積極的に関わることは不自然ではなくなったように感じます。しかし、子供への関わり方をしくじってしまう例は後を絶ちません。最悪な状況を回避するためにも是非確認していただきたいと思います。

【(1)自分の就活時代と比べてしまう】

 一般論にはなりますが、現在の就活は保護者が体験した就活とは方法も難易度も全く異なります。そのような中で「私のときは簡単に内定が取れた」のような話をしてしまうと、「自分は親とは違う」と信用を失ってしまったり、「自分は無能」と自信を失ってしまったりします。

 若手社員が飲み会の席で上司から「俺が若いときは~」の話を毛嫌いするのと同様に、今の若い世代は過去の栄光と現在を比較されることを嫌う人が多いので、過度なプレッシャーを与えないように十分注意してください。

【(2)知らない企業に難色を示す】

 最近は保護者の時代にはなかった企業も多々ありますが、単純にネームバリューがないだけで「その会社は大丈夫なのか」と安易に疑ってしまうケースがあります。もちろんブラック企業という言葉が世間をにぎわしているので、不安に思う気持ちは十分に分かりますが、「大手企業に行ってほしい」という思いだけで、うかつに企業の名前だけでマイナスな反応をしないように注意しましょう。

続きを読む

「ニュース」のランキング