産経ニュース

【野党ウオッチ】一貫した低い党支持率+代表指示と異なる所属議員の発言続出=玉木雄一郎氏に赤信号?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
一貫した低い党支持率+代表指示と異なる所属議員の発言続出=玉木雄一郎氏に赤信号?

 次の焦点は民進党が呼びかける方針の「統一会派」結成にどう対応するかだ。党内はこの野党連携でも意見が分かれる。

 大串氏は民進党再結集を念頭に党内外で独自に連携を深めている。結党メンバーの一部は民進党を敬遠し、日本維新の会との連携を志す。民進党や同党に籍を残す議員で構成する衆院の「無所属の会」との連携を果たすのであれば、玉木氏が党内批判を恐れずに希望の党の政策を覆さずに連携できるか。玉木氏の胆力が問われている。 (政治部 奥原慎平)

 玉木雄一郎(たまき・ゆういちろう) 昭和44年5月1日、香川県生まれ。東大法学部卒業後、平成5年に大蔵省(現財務省)入省。在職中に米ハーバド大院修了。17年に退官し、同年の衆院選香川2区に民主党公認で立候補したが落選した。21年衆院選で初当選し、以後は連続4回当選。昨年9月の民進党代表選に出馬し蓮舫氏に敗れたが、今年11月の希望の党の共同代表選では大串博志衆院議員との一騎打ちを制した。直後に小池百合子東京都知事が党代表辞任を表明し、後任の代表に就いた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 一貫した低い党支持率+代表指示と異なる所属議員の発言続出=玉木雄一郎氏に赤信号?
  • 一貫した低い党支持率+代表指示と異なる所属議員の発言続出=玉木雄一郎氏に赤信号?
  • 一貫した低い党支持率+代表指示と異なる所属議員の発言続出=玉木雄一郎氏に赤信号?
  • 一貫した低い党支持率+代表指示と異なる所属議員の発言続出=玉木雄一郎氏に赤信号?

「ニュース」のランキング