産経ニュース

【サイバー潮流】中国が日本の情報・技術を狙っている!増殖する「国家支援」型ハッカー集団の脅威 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【サイバー潮流】
中国が日本の情報・技術を狙っている!増殖する「国家支援」型ハッカー集団の脅威 

 現在、ファイア・アイは33の国家支援型のハッカー集団とともに、北朝鮮を含めた世界中で約600のハッカー集団を監視している。これらの600集団はいわば国家支援型サイバーの“予備軍”だ。ファイア・アイのウェルズモア氏は「現在、証拠が足りないだけで、600のうちから新たな国家支援型のハッカー集団が生まれる可能性は大いにある」と話す。

 各国が外交の裏側で、支援するハッカー集団を操り他国に攻撃を仕掛ける「サイバー戦争」が本格化している。

 APT Advanced Persistent Threat(高度で執拗な脅威)の略。米セキュリティー企業「ファイア・アイ」が命名した、国家の支援を受けて他国にハッキングを仕掛けるハッカー集団の名称。長期間、高度な攻撃を執拗に繰り返す特徴から名称が決まった。番号は、同社が国家支援型のハッカー集団と断定した順番を示す。国家支援型のハッカー集団は、国家の利益のため、企業や政府の機密情報を狙うケースが多い。

このニュースの写真

  • 中国が日本の情報・技術を狙っている!増殖する「国家支援」型ハッカー集団の脅威 
  • 中国が日本の情報・技術を狙っている!増殖する「国家支援」型ハッカー集団の脅威 
  • 中国が日本の情報・技術を狙っている!増殖する「国家支援」型ハッカー集団の脅威 

「ニュース」のランキング