産経ニュース

「会社の法律は俺」…残業代不払い「ブラック企業」、長時間労働当たり前のエステ業界

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


「会社の法律は俺」…残業代不払い「ブラック企業」、長時間労働当たり前のエステ業界

運営会社に残業代の支払いを求め提訴し、会見に臨むエステティックサロンさくらのエステティシャンら=東京都千代田区 運営会社に残業代の支払いを求め提訴し、会見に臨むエステティックサロンさくらのエステティシャンら=東京都千代田区

 「固定給23万円プラス諸手当」の求人募集に応募したが、残業代はいっさい支払われなかった-。東京都内で「エステティックサロンさくら」を経営する化粧品販売業「ベルフェム」で働いていたエステティシャン7人が会社に残業代支払いを求めて、東京地裁に相次いで提訴した。残業代を支払わず長時間労働を強いる職場は「ブラック企業」と呼ばれているが、エステティシャンらは「私たちを大切にしないことは、お客さまを大切にしないことだ」と訴える。女性に美を提供する華やかなイメージがあるエステ業界は、実は、休憩も取れない長時間労働が当たり前といわれる。提訴で改善に向かうのか。(社会部 道丸摩耶)

「勝てる勝てないの問題じゃない」

 「だれが言っても出せないものは出せない。逮捕されても出せない」

 今年8月10日ごろ、「エステティックサロンさくら」代官山店に現れたベルフェムの佐々木徹会長は、従業員約10人を前に、強い口調で話し始めた。当時、会社は銀座店(閉店)のエステティシャンに残業代を支払っていないことなどが労働基準法に違反するとして、品川労働基準監督署から是正勧告を受けていた。佐々木氏の発言は、労基署が支払うよう求めた残業代を払わないと宣言したようなものだ。

 佐々木氏は「弁護士に相談しても俺の言ってることが間違ってるって。裁判やっても勝てないって言うけど、勝てる勝てないの問題じゃない」と持論を展開すると、衝撃的な一言を放った。

続きを読む

「ニュース」のランキング