産経ニュース

【政界徒然草】「モリカケ」でいつの間にか「党首討論」がなくなっていた!初の年間ゼロ、国会改革どこへ…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
「モリカケ」でいつの間にか「党首討論」がなくなっていた!初の年間ゼロ、国会改革どこへ…

平成12年2月23日に行われた初の党首討論に臨む当時の小渕恵三首相(左)と民主党の鳩山由紀夫代表。今年は1回も開かれない見通しとなった 平成12年2月23日に行われた初の党首討論に臨む当時の小渕恵三首相(左)と民主党の鳩山由紀夫代表。今年は1回も開かれない見通しとなった

 11月1日召集の特別国会では野党が終盤になって開催を求めた。だが、首相は先週、衆参両院の予算委に4日間出席し、今週も4日の参院本会議に臨むなど予定が立て込んでおり、12月9日の会期末までの開催は不可能だ。

 最後の開催は昨年12月。月1回どころか年1回の開催すら実現していない。

 こんな事態になったのは与野党の思惑が交錯しているからだ。今年の通常国会の最中、当時の民進党国対幹部は「党首討論に応じたことを理由に集中審議に応じてもらえなかったら困る」と語っていた。また、別の民進党幹部は、当時の蓮舫代表(50)がデビュー戦となった昨年12月の党首討論で首相を追い込めなかったことから「7月の東京都議選を控え、蓮舫氏と安倍首相と直接対決させたくない」との本音を漏らしてもいた。

 野党が乗り気でない背景には、党首討論の導入時とは異なる現在の政治状況もあるようだ。本来は2大政党の下、与野党党首による政権交代をかけた論戦を想定していた。しかし、野党第一党だった民進党は衆院で立憲民主党と希望の党、衆院会派「無所属の会」に3分裂した。持ち時間を分け合うと1党あたり最大十数分しかない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「モリカケ」でいつの間にか「党首討論」がなくなっていた!初の年間ゼロ、国会改革どこへ…
  • 「モリカケ」でいつの間にか「党首討論」がなくなっていた!初の年間ゼロ、国会改革どこへ…
  • 「モリカケ」でいつの間にか「党首討論」がなくなっていた!初の年間ゼロ、国会改革どこへ…
  • 「モリカケ」でいつの間にか「党首討論」がなくなっていた!初の年間ゼロ、国会改革どこへ…
  • 「モリカケ」でいつの間にか「党首討論」がなくなっていた!初の年間ゼロ、国会改革どこへ…

「ニュース」のランキング