産経ニュース

【経済インサイド】カルロス・ゴーン会長守るのに必死なのか 無資格検査で「長年の不正」強調の日産社長

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
カルロス・ゴーン会長守るのに必死なのか 無資格検査で「長年の不正」強調の日産社長

仏パリで記者会見するカルロス・ゴーン氏(ロイター)=9月 仏パリで記者会見するカルロス・ゴーン氏(ロイター)=9月

 日産の説明資料には、報告書に基づき、無資格検査は「多くの車両工場では1990年代には既に常態化していたとみられる。栃木工場では1979(昭和54)年から実施されていた可能性がある」とした。このため、平成11年に日産の最高執行責任者(COO)に就いたゴーン氏と今回の問題は無関係というわけだ。

 記者会見で、西川氏ら経営陣はゴーン氏をかばうためか、「長年の不正」を逆に強調しているようにも感じられた。

 しかし、報告書には、生産を拡大する中、工場のコストカットなどで十分な人員が配置されなかったことが問題の継続につながった可能性を示唆する記述もある。収益に必達目標(コミットメント)を掲げたゴーン氏の経営手法と今回の問題は、無縁とはいえない。

 西川氏は10月から、月額報酬の一部を「自主的に」返上しているとして、来年3月まで続けるとした。ただ、具体額については「差し控えたい」とするにとどめた。正式な処分ではないから開示する必要はない、ということらしい。

続きを読む

このニュースの写真

  • カルロス・ゴーン会長守るのに必死なのか 無資格検査で「長年の不正」強調の日産社長
  • カルロス・ゴーン会長守るのに必死なのか 無資格検査で「長年の不正」強調の日産社長
  • カルロス・ゴーン会長守るのに必死なのか 無資格検査で「長年の不正」強調の日産社長
  • カルロス・ゴーン会長守るのに必死なのか 無資格検査で「長年の不正」強調の日産社長
  • カルロス・ゴーン会長守るのに必死なのか 無資格検査で「長年の不正」強調の日産社長

「ニュース」のランキング