産経ニュース

【平成30年史 デフレの呪縛(4)】戦犯扱い、日銀のトラウマ 実体ないインフレにおびえ 物価「2%」の壁…反リフレ派台頭も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【平成30年史 デフレの呪縛(4)】
戦犯扱い、日銀のトラウマ 実体ないインフレにおびえ 物価「2%」の壁…反リフレ派台頭も

 日銀企画局は金融政策の企画・立案を担い、局長は日銀の「エース中のエースポスト」といわれる。3月に就いた加藤毅は前総裁・白川方明(まさあき)の「子飼いで、気持ちとしては反リフレ派」と、幹部は声をひそめる。

 リフレ派はデフレ脱却に向けて大胆な金融緩和をいとわない。これに対し反リフレ派は、緩和がむしろインフレを招くことを警戒する伝統的な日銀の立場だ。

 「前局長も白川派だったが、黒田の就任以来、それまでの考えを捨て支えてきた。現局長はリフレの弊害が出てきた中で着任したので副作用に言及しがちだ」。幹部はこう指摘する。

 文案には黒田も納得しているというが、「デフレファイター」として一枚岩を誇ってきた「黒田日銀」に微妙な亀裂が生じつつある現状をうかがわせる。今後、日銀内のリフレ派と反リフレ派の路線対立が顕在化すれば、金融政策運営が迷走する懸念も否定できない。

■ ■ ■

 日銀内の変化の背景には大規模緩和の導入から4年半以上たっても、目標の物価上昇率2%を達成できていないことがある。大規模緩和は当初「2年間で物価上昇率を2%に引き上げる」と掲げたが、達成時期の先送りは6回に及んだ。足元の物価上昇率は0%台後半と2%にはほど遠い。

 それでも首相の安倍晋三が黒田に寄せる信頼は厚い。「手腕を信頼している。デフレではない状況を短期間で作り出すことができた」。安倍は11月1日の記者会見で、黒田をこう評価した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 戦犯扱い、日銀のトラウマ 実体ないインフレにおびえ 物価「2%」の壁…反リフレ派台頭も

関連ニュース

「ニュース」のランキング