産経ニュース

【TVクリップ】俳優、濱田岳 現代と噺の世界の“橋渡し役”「今はいろんなことに挑戦したい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【TVクリップ】
俳優、濱田岳 現代と噺の世界の“橋渡し役”「今はいろんなことに挑戦したい」

超入門!落語THE MOVIE(NHK)で案内役を務めている俳優の濱田岳(松本健吾撮影) 超入門!落語THE MOVIE(NHK)で案内役を務めている俳優の濱田岳(松本健吾撮影)

 番組の案内役として、現代と噺の世界の“橋渡し役”を担う。落語の裾野を広げたいとの思いは強い。

 「番組の最後で毎回言っていることではありますが、興味を持ってくれたら寄席に足を運んでほしいですね。そうすれば、“あなたの想像力で無限に広がるエンターテインメント”という意味も伝わると思います」と、言葉に力を込める。

 落語の魅力については「しゃべっているのはおじさんなのに、おいらんがキセルをカーンとたたくしぐさがとても色っぽく見えるとか、小僧に見えてしまうとか。これは僕ら俳優にはこなせない。落語でしか表現できないこと」。

 NHKの朝ドラ「わろてんか」では主人公の実家の奉公人、風太役を好演している。

 「寄席が大事なワードになっていますし、落語家さんとは切っても切れない関係です。番組への思いは強まっているかもしれません」

 本業の俳優では、若手の演技派として評価は高い。

 「今までやったことのない役、悪役やクールな天才外科医とかをやってみたい。まずオファーはこないと思うんですけど(笑)。何でもこなせるのが役者として究極の部分だと思うので。今はいろんなことに挑戦したい」(文化部 栫井千春) 

 〈はまだ・がく〉昭和63年生まれ、東京都出身。平成10年にドラマ「ひとりぼっちの君に」(TBS系)でデビュー。以後、「3年B組金八先生」(TBSテレビ系)、「HERO」(フジテレビ系)、NHK大河「軍師官兵衛」、映画「アヒルと鴨のコインロッカー」「永遠の0」「ヒメアノ~ル」など出演作多数。NHKの連続テレビ小説「わろてんか」に風太役で出演中。

このニュースの写真

  • 俳優、濱田岳 現代と噺の世界の“橋渡し役”「今はいろんなことに挑戦したい」

「ニュース」のランキング