産経ニュース

【アメリカを読む】「#MeToo」猛威、“セクハラブーメラン”政界直撃 「根深い病」か「魔女狩り」か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【アメリカを読む】
「#MeToo」猛威、“セクハラブーメラン”政界直撃 「根深い病」か「魔女狩り」か

 米国で社会問題になっている有力者のセクハラ疑惑は政界を巻き込んで、ハリケーンのように“猛威”を振るっている。中でも恥ずかしいのが、米野党・民主党の有力議員、アル・フランケン上院議員(66)だろう。ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)の悪行がきっかけとなり、「#MeToo(私も)」の合い言葉で広がった有力者のセクハラ疑惑だが、フランケン氏は当初、「女性の味方」のように彼を非難していたからだ。与党を追及した問題が後で自分たちに跳ね返ってくる日本のどこかの政党のお家芸、ブーメランを見ているような展開だ。(ワシントン 加納宏幸)

 米国で社会問題になっている有力者のセクハラ疑惑は、政界も巻き込んで拡大している。なかでも、フランケン氏は人気バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演していた元コメディアンで、大統領選への出馬も取り沙汰されたこともある人気者とあって注目度は高い。

 フランケン氏の疑惑は上院議員就任前の2006年、コメディアンとしてアフガニスタンや中東に駐留する米兵を慰問した際、「寸劇のリハーサル」を口実に、ラジオ番組司会者のリーアン・トゥイーデンさん(44)にディープキスをしたり、軍用機内で眠っているトゥイーデンさんの胸を触る写真を撮ったりしたというものだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「#MeToo」猛威、“セクハラブーメラン”政界直撃 「根深い病」か「魔女狩り」か
  • 「#MeToo」猛威、“セクハラブーメラン”政界直撃 「根深い病」か「魔女狩り」か
  • 「#MeToo」猛威、“セクハラブーメラン”政界直撃 「根深い病」か「魔女狩り」か
  • 「#MeToo」猛威、“セクハラブーメラン”政界直撃 「根深い病」か「魔女狩り」か
  • 「#MeToo」猛威、“セクハラブーメラン”政界直撃 「根深い病」か「魔女狩り」か
  • 「#MeToo」猛威、“セクハラブーメラン”政界直撃 「根深い病」か「魔女狩り」か

「ニュース」のランキング