産経ニュース

【小池知事定例会見録】天皇陛下譲位「平成にあと1年半でお別れかと思うと一抹の寂しさ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
天皇陛下譲位「平成にあと1年半でお別れかと思うと一抹の寂しさ」

定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=1日午後、都庁 定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=1日午後、都庁

《1日午後3時から都庁会見室で》

 【知事冒頭発言】

 「はい。もう師走、12月ということでございます。今日は2点のみ、私の方からご報告がございます。まず、税制の問題でございます。国によります不合理な税制度の見直しということで、都の取組についてのお知らせでございます。国は、これまで都市と地方の財政力格差の是正を名目として、地方税の応益性の原則を顧みることなく、地方間の財源の奪い合いに終始するような、税制の本旨を歪める改正を繰り返してきたと言わざるを得ません。平成の元年度に税制改正で実施されたのが、法人事業税の分割基準の見直し、鈴木都政時代であります。そこからずっと、それがその時々の収入によって、税収によって続き、そして、法人事業税の暫定措置、ふるさと納税と、今度はそれがさらに増えていくわけです。26年度には法人住民税の交付税原資化ということで、いろいろな形で税制を見直すという形で、本来ですと、都民のために活用されるべき、合わせますと5兆2000億円の財源が奪われてきたと言わざるを得ません」

 「これに加えまして、今、国は平成30年度の税制改正で、地方消費税の清算基準を見直すということから、東京をはじめとする都市部の税収を、さらに奪取、収奪しようとしているということであります。これまでの、繰り返されてまいりました偏在是正措置に加えて、今回、さらに不合理な見直しが行われるということは、都民生活を脅かす、そして、東京という日本の活力を削ぐことになりかねない暴挙だということで、断じて看過、見過ごすわけにはいかないと思います。こうした認識の下におきまして、先月、大阪、そして愛知、さらには都内の自治体、区市町村長の皆さんと連携しまして、野田総務大臣のもとに要請活動も行いました。それから、税を巡る実態を都民の皆様方にもよりよく知っていただくということで、先週金曜日に国の主張の問題点であるとか、都の主張を反論書として取りまとめて発表をしたところであります」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング