産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!

11月7日、韓国・平沢の在韓米軍基地を訪れ、米軍や韓国軍兵士らと昼食をとるトランプ米大統領(左)。韓国の文在寅大統領(右)も同行したが、米韓軍事関係は揺れ動いている(AP) 11月7日、韓国・平沢の在韓米軍基地を訪れ、米軍や韓国軍兵士らと昼食をとるトランプ米大統領(左)。韓国の文在寅大統領(右)も同行したが、米韓軍事関係は揺れ動いている(AP)

 幾つか理由はあるが、元々、米軍の対北先制攻撃作戦の一つは《北朝鮮・朝鮮人民軍の各司令部など軍事中枢+レーダーなど軍事施設+ミサイル・砲兵部隊…に対する2派程度にわたる大規模な各種ミサイル攻撃》→《有人・無人の航空戦力による朝鮮労働党の金正恩・委員長を頂点とする党や軍の首脳に対する精密誘導(ピンポイント)攻撃》を、緒戦での念頭に置く。

 戦争終盤を例外とすれば、地上軍は要人の暗殺・拉致任務を帯びる大規模な各種特殊作戦部隊の潜入に限られる公算が大きい。

 ミサイルや航空戦力、特殊作戦部隊は理想的攻撃ではなくなるものの、韓国の領土・領空・領海を使用せずとも北朝鮮を急襲可能。韓国の主権を侵さず、少なくとも米国の立場からすれば「国際法上合法的」に作戦を完遂できる。

 もっとも、かくなる状況に陥れば米韓同盟は機能不全になる。 

 半面、事前通告の有無に関係なく、開戦となれば、韓国陸軍は主力をもって南北軍事境界線(38度線)に貼り付かざるを得ない。韓国軍の“消極的参戦”は不可避となる。

 以上のようなシナリオを考えていたのは筆者らだけではなかった。

 米国の政府系メディア《ボイス・オブ・アメリカ=VOA》が報じた2人の在韓米軍司令官経験者の発言には、韓国を取り巻く現下の緊張情勢をよそに利敵外交にふける文在寅・大統領の姿勢に「怒気」さえ含んでいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!
  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!
  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!
  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!
  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!
  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!
  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!
  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!
  • 朝鮮戦争再開で韓国は参戦するか ゴネようと米軍は頭ごしに対北攻撃を敢行する!

「ニュース」のランキング