産経ニュース

【きょう読まれているニュース】【阿比留瑠比の極言御免】財務省「忖度説」の破綻くっきり 固執する朝日新聞が書くほど浮き上がる別の構図

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【きょう読まれているニュース】
【阿比留瑠比の極言御免】財務省「忖度説」の破綻くっきり 固執する朝日新聞が書くほど浮き上がる別の構図

朝日新聞社東京本社=東京都中央区(本社チャーターヘリから、納冨康撮影) 朝日新聞社東京本社=東京都中央区(本社チャーターヘリから、納冨康撮影)

 きょう(12月1日)、読まれている記事ランキングです。

1位:【阿比留瑠比の極言御免】財務省「忖度説」の破綻くっきり 固執する朝日新聞が書くほど浮き上がる別の構図

 安倍晋三首相は30日、自身のフェイスブック(FB)上に、自民党の和田政宗参院議員が11月25日にFBに投稿した記事をシェア(共有)して掲載した。その書きだしはこうである。【続きを読む】

2位:文政権、対北人道支援を日本に伝達 発射後、凍結連絡なし

 韓国政府が北朝鮮への人道支援を実施する手続きに入ることを今週はじめに日本政府に伝えていたことが30日、分かった。【続きを読む】

3位:【政界徒然草】小池百合子氏にハシゴ外された小沢一郎氏激怒の日 それでも諦められぬ「壊し屋」の野望

 立憲民主党や希望の党、民進党などの野党はいまや存在感すらなく、政治家個人を見ても気迫はみじんも感じられない。この人物もその一人。旧民主党政権時代に権勢をふるった自由党の小沢一郎代表(75)だ。【続きを読む】

4位:【元横綱・日馬富士暴行】「親方の協会聴取協力は捜査妨害か」 理事会中、鳥取県警に電話

 「貴乃花親方が協会の聴取に協力すると、捜査の妨害になるのか」。貴乃花親方が鳥取県警の捜査を理由に貴ノ岩関の聴取に応じないことをめぐり、日本相撲協会理事会の席上で、理事の1人が県警に電話をかけて幹部に確認する一幕があったことが30日、関係者への取材で分かった。【続きを読む】

5位:【2018平昌五輪】入場券「押し売り」模索、赤字補填は血税…開幕80日切って強まる悲観論

 来年2月に開催される平昌五輪。2010、14年の招致に失敗し、3度目の立候補で大願成就を果たした韓国国民の悲願だったはずだ。ところが、開幕80日を切っても五輪ムードは醸成されず、チケット販売は苦戦したままで興行的に赤字が懸念される。【続きを読む】

「ニュース」のランキング