産経ニュース

【政界徒然草】待ち受ける3つの高いハードル 憲法改正は成就するか 公明は“仮眠”中?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
待ち受ける3つの高いハードル 憲法改正は成就するか 公明は“仮眠”中?

 自民党の憲法論議が新たなステージに入りつつある。安倍晋三首相(63)が自民党総裁として5月に打ち出した改憲案を契機に、9条への自衛隊明記、緊急事態条項、参院の「合区」解消、教育無償化の4項目について2巡目の議論を終え、焦点は党内で改憲案の方向性を共有できるかに移る。だが、党内外には3つのハードルが待ち受け、改憲への道のりは険しい。

その1 自民党内

 「今後はこれまでの議論を踏まえ、基本的な方向性について党内の合意を得るべく、精力的に議論していきたい」

 自民党憲法改正推進本部の細田博之本部長(73)は11月28日の全体会合で、党内議論の進め方についてこう言及した。教育無償化をテーマに議論したこの日の会合で改憲4項目の議論は区切りを迎え、細田氏ら推進本部幹部は今後、党改憲案のとりまとめに向けた意見集約に入る。

 だが、難航は必至だ。首相が9条1項と「戦力不保持」を規定した2項を維持したままでの自衛隊明記を示した案に対し、国防軍創設を盛り込んだ平成24年の党改憲草案にこだわる石破茂元幹事長(60)らは「草案をどう取り扱うのか」と主張。整合性の観点から異論を唱え続けており、推進本部は9条改正をめぐる党改憲案の方向性を示す際は両論併記にとどめる考えだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 待ち受ける3つの高いハードル 憲法改正は成就するか 公明は“仮眠”中?
  • 待ち受ける3つの高いハードル 憲法改正は成就するか 公明は“仮眠”中?
  • 待ち受ける3つの高いハードル 憲法改正は成就するか 公明は“仮眠”中?

「ニュース」のランキング