産経ニュース

【スポーツ異聞】韓国メディアがたった1勝でサッカー代表に歓喜の手の平返し 「結果至上主義」が韓国社会!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
韓国メディアがたった1勝でサッカー代表に歓喜の手の平返し 「結果至上主義」が韓国社会!?

韓国代表は格上のコロンビアに対し、ソン・フンミン(右)の2ゴールで久しぶりに勝利した(AP) 韓国代表は格上のコロンビアに対し、ソン・フンミン(右)の2ゴールで久しぶりに勝利した(AP)

 サッカーの韓国代表が11月10、14日に2017年シーズンで最後となる国際親善試合2試合を1勝1分けで終えると、それまで「ワールドカップ(W杯)に行く資格がない」などとサポーターの酷評を報じていた韓国メディアが「韓国サッカーに春が訪れた」(朝鮮日報)などと評価を一変させた。成績不振で更迭されたウリ・シュティーリケ前監督(63)の後を継いで今年7月に就任した申台龍監督(47)が当初2敗2分けと結果を出せないと、一斉にバッシングしたのは韓国メディアだったはず。“豹変”の要因をわざわざ朝鮮日報は「韓国社会は結果至上主義」と丁寧に自己分析をしていた。

 韓国代表は11月10日に国際サッカー連盟(FIFA)ランキング13位と格上のコロンビア戦で、ソン・フンミン(25、トッテナム・ホットスパー)の2ゴールで2-1で勝利。代表ではサイドで使われてきたソンをトップに配置転換したことで結果が出たとし、W杯に向けて戦術的な光明を見いだしたと、韓国メディアはこぞって評価。11月14日のセルビア(38位)戦ではスタジアムに3万560人が訪れ、人気を取り戻しつつあるとみた。コロンビア戦では4万4000席のうち約2万9000人しか埋まらず空席が目立った状況だったからだ。体格差で勝るセルビアに先行されたが、PKで同点に。コロンビア戦ほど相手を崩しきれなかったが、1-1の引き分けで終えていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国メディアがたった1勝でサッカー代表に歓喜の手の平返し 「結果至上主義」が韓国社会!?
  • 韓国メディアがたった1勝でサッカー代表に歓喜の手の平返し 「結果至上主義」が韓国社会!?
  • 韓国メディアがたった1勝でサッカー代表に歓喜の手の平返し 「結果至上主義」が韓国社会!?
  • 韓国メディアがたった1勝でサッカー代表に歓喜の手の平返し 「結果至上主義」が韓国社会!?
  • 韓国メディアがたった1勝でサッカー代表に歓喜の手の平返し 「結果至上主義」が韓国社会!?
  • 韓国メディアがたった1勝でサッカー代表に歓喜の手の平返し 「結果至上主義」が韓国社会!?

「ニュース」のランキング