産経ニュース

【平成30年史 デフレの呪縛(1)】食卓からモヤシが消える 過度な安売り 生産者・物流業者圧迫

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【平成30年史 デフレの呪縛(1)】
食卓からモヤシが消える 過度な安売り 生産者・物流業者圧迫

 埼玉県草加市の食品スーパーで今秋、店頭に並べられたモヤシの価格を見て、旭物産(水戸市)社長の林正二は愕然とした。「赤字覚悟のこんな値段で売るなんて…」

 同社はモヤシを生産し、スーパーなどに納入している。林を驚かせたモヤシ価格は1袋(200グラム)19円。仕入れ価格は20円台半ばとみられ、1袋あたり5円程度の赤字販売だ。

 モヤシは単価が低く、売る側は「たとえ1袋5円の赤字で100袋売っても、赤字額の合計は500円にすぎない」(都内の大手スーパー)と考える。このため、スーパーなどでモヤシは客を呼び込む“安売りの目玉”にされやすい。モヤシで赤字になっても「他でもうければいい」という発想だ。

 総務省の家計調査によれば、平成28年の全国のモヤシ平均価格は、100グラム当たり15・61円だった。直近の高値である4年(20・39円)と比べ、2割以上も下落している。

■ ■ ■

 「もやし生産者の窮状について」-。

 モヤシ生産者で構成する、工業組合もやし生産者協会は3月9日、こんなタイトルの声明文をスーパーなどの取引先に送付した。その中で「これ以上の経費削減への努力は限界を超え、健全な経営ができない状況です」などと訴え、異例ともいえる店頭価格の引き上げを求めたのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 食卓からモヤシが消える 過度な安売り 生産者・物流業者圧迫

「ニュース」のランキング