産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】「かまってちゃん」全開のエビ外交、「報復」で忙しい内政…あまりに“韓国らしかった”1カ月

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
「かまってちゃん」全開のエビ外交、「報復」で忙しい内政…あまりに“韓国らしかった”1カ月

トランプ米大統領夫妻歓迎晩餐会のメニュー。マツタケ釜飯、韓国産牛肉のカルビ、「独島エビ」の和え物が並ぶ(韓国大統領府のホームページより) トランプ米大統領夫妻歓迎晩餐会のメニュー。マツタケ釜飯、韓国産牛肉のカルビ、「独島エビ」の和え物が並ぶ(韓国大統領府のホームページより)

 ここでも、“憎き安倍”に吠えづらをかかせたつもりなのだ。“日韓味比べ”じゃあるまいし、常に日本を意識し続けた韓国はまぎれもなく、自らの習性となっている「日本との比較」をトランプ氏にも強いようとした。韓国を称賛してもらい悦に入りたかったわけなのか。

 米国大使館はトランプ氏と元慰安婦の抱擁について「単なる人間的なジェスチャーで、政治的な観点から見たくはない」(ナッパー駐韓代理大使)と踏み込まずに寛容な姿勢を示した。

 だが、明らかに韓国によく見られる手法だ。特に日本がからめば何でもあり。相手のことを顧みず、ドサクサ紛れのスタンドプレーで、お仕着せ的なやり方。外交的非礼であれ、韓国では“日本との勝負”となれば何でも許される。日本国民がどう思っていようが。

 「独島エビ」と元慰安婦の招待について、「韓国国内では韓国外務省に相談せず大統領府がやった」などとの水掛け論もあったが、覆水盆に返らず。やっちゃったことはやっちゃったのだ。しかし、米国に対するバツの悪さは無論、日本に対する配慮や遠慮などみじんも感じられない。

拉致問題と慰安婦問題を並列

 米韓首脳会談から2週間になろうとする20日、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官はソウル外信記者クラブでの懇談会で「独島エビ」について「決して意図したものではない。非常に誤解している」と釈明。日本が過剰に反応していると反論した。文氏は「独島エビはメニューに出ていない」とも述べた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「かまってちゃん」全開のエビ外交、「報復」で忙しい内政…あまりに“韓国らしかった”1カ月
  • 「かまってちゃん」全開のエビ外交、「報復」で忙しい内政…あまりに“韓国らしかった”1カ月
  • 「かまってちゃん」全開のエビ外交、「報復」で忙しい内政…あまりに“韓国らしかった”1カ月
  • 「かまってちゃん」全開のエビ外交、「報復」で忙しい内政…あまりに“韓国らしかった”1カ月
  • 「かまってちゃん」全開のエビ外交、「報復」で忙しい内政…あまりに“韓国らしかった”1カ月

「ニュース」のランキング