産経ニュース

【スポーツ異聞】リオ五輪で猫ひろしと最下位争った韓国マラソン 日本に学んで東京五輪で日本を破る仰天指導!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
リオ五輪で猫ひろしと最下位争った韓国マラソン 日本に学んで東京五輪で日本を破る仰天指導!

リオ五輪で韓国マラソン陣は、カンボジア代表で日本のお笑いタレントの猫ひろしと最下位争いを展開する惨敗を喫した リオ五輪で韓国マラソン陣は、カンボジア代表で日本のお笑いタレントの猫ひろしと最下位争いを展開する惨敗を喫した

 2016年リオデジャネイロ五輪で、マラソン競技に出場した韓国2選手は最下位を争う体たらくに終わった。韓国の陸上競技連盟は、この屈辱的な状況を脱する目標として日本に学び、3年後の2020年東京五輪では日本を破る競技力を発揮できる方策を検討するというのだ。ところが、その考え方が荒唐無稽。2時間12~13分台で走る選手が1年に1分ずつ短縮すれば、3年後にはメダルを競える競技力を養成できているという“漫画チック”な発想法に呆れ返るばかりで、早くも「現実離れしている」という批判が出ているそうだ。

(※11月13日にアップされた記事を再掲載しています)

 聯合ニュースは10月23日、韓国陸上競技連盟がマラソンで、日本を破ることを目標に政府レベルの支援を受けるための方法を「積極的に検討する」と報じた。朝鮮日報に今年8月に寄稿したスポーツコラムニストは韓国の陸上競技連盟が東京五輪へ向けて「特別な対策」を立てておらず、通常レベルの競技力向上委員会しかないと指摘し、早急な対策の必要性を訴えた。

 韓国で代表的マラソン選手として、今でも1936年ベルリン五輪で金メダルを獲得した孫基禎(1912年8月29日~2002年11月15日)の名前が挙げられる。現在の最速タイムは2000年に李鳳柱(47)が記録した2時間7分20秒で、17年間破られていない。聯合ニュースは、最近では2時間10分台を出す選手もいないとした。

続きを読む

このニュースの写真

  • リオ五輪で猫ひろしと最下位争った韓国マラソン 日本に学んで東京五輪で日本を破る仰天指導!

「ニュース」のランキング