産経ニュース

【iRONNA発】芸能人の労働問題 「奴隷契約」を公取委のメスは是正できるか 杉江義浩

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
芸能人の労働問題 「奴隷契約」を公取委のメスは是正できるか 杉江義浩

所属する芸能事務所に契約の解除などを求めて提訴し、記者会見する元アイドルの女性=14日、東京・霞が関の司法記者クラブ 所属する芸能事務所に契約の解除などを求めて提訴し、記者会見する元アイドルの女性=14日、東京・霞が関の司法記者クラブ

 ライブを中心に活動する「地下アイドル」と呼ばれるグループの元メンバーが、当時所属した芸能事務所に対し、契約の無効確認や未払い賃金の支払いを求め東京地裁に提訴した。昨年解散した元SMAPやタレントのローラなど、芸能人の移籍や独立をめぐるトラブルはなぜ後を絶たないのか。(iRONNA)

 芸能人が所属事務所とトラブルになるケースが増えています。そして両者が交わす契約などの問題点を検証する有識者会議を、公正取引委員会が今年8月から始めました。独占禁止法に抵触しないか調べるためです。これは長年にわたって「特殊な世界」として放置されてきた日本の芸能界に、初めて行政のメスが入ることを意味します。

 「専属芸術家統一契約書」。この一通の書類は、普通の人はまず目にすることはありません。これは日本の芸能プロダクションの間で使われていて、タレントと芸能事務所、両者の権利関係がこれで決まるわけですが、この統一契約書の内容に、そもそも問題があると指摘する弁護士もいます。

 平成元年改訂版の中にはタレント側が事務所を辞めるときには、事前に事務所からの書面による承諾を必要とする、といった規定があります。これは事実上、事務所側がOKしなければタレントは永遠に移籍も独立もできないという意味ですから、たしかに事業者と事業者の対等な関係とはいえないでしょう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 芸能人の労働問題 「奴隷契約」を公取委のメスは是正できるか 杉江義浩

「ニュース」のランキング