産経ニュース

【ビジネス解読】神戸製鋼スキャンダルに韓国がほくそ笑む!?「日本の空席を埋める最も良い位置にいる」論調も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
神戸製鋼スキャンダルに韓国がほくそ笑む!?「日本の空席を埋める最も良い位置にいる」論調も

韓国の鉄鋼最大手ポスコのロゴ=韓国ソウル(ロイター) 韓国の鉄鋼最大手ポスコのロゴ=韓国ソウル(ロイター)

 一方で、新日鉄住金は、神戸製鋼と株式を相互保有し、自動車の軽量化に向けた高性能の高張力鋼板を共同開発した間柄だ。確かに東京株式市場は活況だが、一段の株価上昇が見込まれていた中、あえて、このタイミングを選んだ新日鉄住金株の大量売却は、品質の信頼性に疑問符が付いた日本の鉄鋼業界に距離を置くメッセージ。日本勢が先行していた高張力鋼板や、軽量化が大きな課題とされるEV向け次世代鋼材で対抗しようとの“宣戦布告”ともみえる。

 そもそもポスコは、技術流出問題が示唆するように、日本の鉄鋼メーカーが強みとする自動車向け鋼材市場での勢力拡大を虎視眈々と狙ってきた。今年4月には、世界初という自動車向けの次世代超高張力亜鉛めっき鋼板の量産工場を竣工(しゅんこう)し、年産50万トンの生産体制も整えている。ポスコの権五俊会長は新工場の完成式で「自動車鋼板分野で新たな地平を切り開いた」と自賛したというが、その言葉には自社技術が日本勢を上回る品質・技術力に達したとの思いがあったのかもしれない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 神戸製鋼スキャンダルに韓国がほくそ笑む!?「日本の空席を埋める最も良い位置にいる」論調も
  • 神戸製鋼スキャンダルに韓国がほくそ笑む!?「日本の空席を埋める最も良い位置にいる」論調も
  • 神戸製鋼スキャンダルに韓国がほくそ笑む!?「日本の空席を埋める最も良い位置にいる」論調も
  • 神戸製鋼スキャンダルに韓国がほくそ笑む!?「日本の空席を埋める最も良い位置にいる」論調も
  • 神戸製鋼スキャンダルに韓国がほくそ笑む!?「日本の空席を埋める最も良い位置にいる」論調も

関連トピックス

「ニュース」のランキング