産経ニュース

【野党ウオッチ】気になる「第2民進」→「失望の党」?希望の党・玉木体制発足、執行部人事を読み解く

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
気になる「第2民進」→「失望の党」?希望の党・玉木体制発足、執行部人事を読み解く

両院議員総会を終え、記念撮影に臨む希望の党の玉木雄一郎代表(右から2人目)と、代表を辞任した小池百合子東京都知事(中央)ら=14日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館(斎藤良雄撮影) 両院議員総会を終え、記念撮影に臨む希望の党の玉木雄一郎代表(右から2人目)と、代表を辞任した小池百合子東京都知事(中央)ら=14日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館(斎藤良雄撮影)

 同じ調査での政党支持率も自民党(34・5%)、立憲民主党(11・6%)に続いて3位の9・5%だった。

 それが玉木氏が共同代表に選出された直後の今月11、12両日の調査では3・9%に転落し、公明党(4・1%)にも抜かれた。世論調査の上では、もはや「希望」が「失望」に変わったと言われても仕方がないだろう。

 玉木執行部は、民進党との差別化を図る意味でも、半年以上かけても安倍晋三首相(63)の直接の関与が特定できなかった加計学園獣医学部新設の不毛な追及から足を洗い、外交・安全保障、社会保障で現実的な国会論戦に思う存分力を発揮すべきではないか。

 しかし、それも危うい。衆院選後初の本格論戦となった今月15日の衆院文部科学委員会で、希望の党を代表して質問に立った山井氏は相変わらず「安倍首相の友達だから認可されたという疑惑が払拭されていない」といった印象操作に励んだ。国民に希望をもってもらう政党になる道のりは険しいようだ。 (政治部 奥原慎平)

このニュースの写真

  • 気になる「第2民進」→「失望の党」?希望の党・玉木体制発足、執行部人事を読み解く
  • 気になる「第2民進」→「失望の党」?希望の党・玉木体制発足、執行部人事を読み解く
  • 気になる「第2民進」→「失望の党」?希望の党・玉木体制発足、執行部人事を読み解く

関連トピックス

「ニュース」のランキング