産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「●●はどうしたら良いですか?」と聞くな!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「●●はどうしたら良いですか?」と聞くな!

今年6月、リクルートスーツを着て就職活動する女性ら=大阪市(永田直也撮影) 今年6月、リクルートスーツを着て就職活動する女性ら=大阪市(永田直也撮影)

 自分で考えない学生は「楽をしたい」「失敗をしたくない」と考えている印象が強いです。そのため、答えを求める・合意を求めるといった行為は「失敗を恐れている」ともいえます。誰かの後押しがないと一歩を踏み出せないのは、社会人になってから致命傷となる可能性が高くなってしまいます。だからこそ、就活という答えのない活動を通して、一歩踏み出す勇気を身につけてもらいたいと考えています。失敗を恐れずに行動してほしいのです。

 新卒の就活は人生で一度きりですので、失敗したくない気持ちは分かります。しかし、失敗を恐れ何もせずに選考に落ちるよりも、挑戦して落ちてほしいと思います。なぜなら、挑戦した後は課題が明確になるからです。しかし、挑戦をしなければ、挑戦しなかったことが反省となってしまい、挑戦した後の反省を見つけることができません。

 失敗を恐れずに行動するには、周囲の人がその人を認めてあげることも大事です。人には他人から認められたい欲求(承認欲求)が潜在的にあるからです。就活生の周囲にいる人たちは、就活生を萎縮させる発言は極力避け、背中を押す発言を心掛けてほしいと思います。最初は「主体性がない」と感じるとモヤモヤした気持ちになるかもしれません。ただ、それが就活生の特徴であると認識し、アドバイスを贈ってほしいと思います。

続きを読む

「ニュース」のランキング