産経ニュース

【男性不妊治療の現場から】少ない専門医、進まぬ受診「男性も不妊の当事者」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【男性不妊治療の現場から】
少ない専門医、進まぬ受診「男性も不妊の当事者」

男女の不妊原因 男女の不妊原因

 不妊治療は女性がクローズアップされることが多い。だが、世界保健機関(WHO)の調査では、「男性のみが原因」「男女ともが原因」はそれぞれ24%。つまり、男性が関与しているケースは48%と半数を占めるのだ。男性不妊。すなわち、男性が原因となっている不妊治療の現状をリポートする。

泌尿器科で診察

 「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)ですね」

 2013年夏、茨城県の団体職員、酒井隆一さん(39)=仮名=は、泌尿器科の診察室にいた。

 「何ですか、それ?」 

 精索静脈瘤とは、精巣の静脈に血液が逆流してこぶのようになっている状態をいう。精巣の温度を上げるなどし、精子を作る機能を低下させてしまうのだ。精索静脈瘤は、男性不妊の原因の35%程度にみられる。

 酒井さんは07年、30歳で1歳下の妻と結婚した。

 「避妊をやめたら、すぐに子供ができるだろう」

 しかし、なかなか授からなかった。そこで10年、不妊専門クリニックを受診した。

 子宮に精子を注入する「人工授精」、体外で精子と卵子を受精させて戻す「体外受精」と治療をステップアップしたが、結果は出なかった。

続きを読む

「ニュース」のランキング