産経ニュース

【経済インサイド】10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?

 大和証券グループ本社の小松幹太最高財務責任者(CFO)は10月25日の会見で「決して過熱していない証拠」として、「個人顧客の来店客数やコンタクトセンターにかかってくる電話の本数は、1割程度は増えていると思うが、ものすごくブームになっているという感じではない」と指摘。丸三証券の小祝寿彦社長も10月27日の会見で「上場企業の決算発表は総じて良い数字が出てくるだろう。平均株価や東証株価指数(TOPIX)の予想PERもまだ低く、過去と比べても過熱しているような状況ではない。じり高の中で上昇していくのではないか」と期待を込めた。

 平均株価は11月に入ると一時2万3000円を回復するなど、4年1月以来四半世紀ぶりの高値水準をつけた。先高観が描きやすく、2万4000円も視野に入るといった強気予想が飛び出る中、最近の株高に果たして「死角」はないのか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?
  • 10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?
  • 10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?

「ニュース」のランキング