産経ニュース

【経済インサイド】10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?

 10月は、日経平均株価が歴代最長の連騰記録となる16営業日続伸を達成したほか、2万2000円台に乗せて約21年4カ月ぶりの高値をつけた。終値での上昇を「勝ち」、下落を「負け」とすれば、「19勝2敗」というまれにみる好成績だ。世界的な景気回復と好調な企業業績に後押しされる中、海外投資家の主導で日本株に投資マネーが流れ込んだためだ。さらに、11月に入ると一時2万3000円台に乗せ、約25年10カ月ぶりの高値水準をつけた。これだけの上昇相場にもかかわらず、「過熱感はあまりない」といった声は多い。証券関係者や市場関係者は、今回の株高をどうみるのか-。

 「最大の要因は、企業業績が明らかに好転していること、好調が持続しそうだということだ。業績予想の上方修正が期待できるため海外勢を中心に日本株買いが続いている」

 日本取引所グループの清田瞭(あきら)最高経営責任者(CEO)は10月30日の記者会見でこう語った。「企業の『稼ぐ力』が評価され、結果的に株式相場を支えている。こうした状況が大きく変わらない限りは、年内や年度内の動きも比較的期待できるのではないか」

続きを読む

このニュースの写真

  • 10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?
  • 10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?
  • 10月→歴代最長16連騰、11月→四半世紀ぶり高値…驚異的株高に「死角」あるか?

「ニュース」のランキング