産経ニュース

【野党ウオッチ】橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

9月25日、政党を次々と変える議員を「チョロネズミ」と揶揄した橋下徹氏のツイッター 9月25日、政党を次々と変える議員を「チョロネズミ」と揶揄した橋下徹氏のツイッター

 しかし、今井氏は10月25日、国会内で記者団に次のような持論を披露している。

 「民進党から(希望の党に)行った人たちは『変節した』『筋を曲げた』といわれるが、協定書をよく読むとそんなことはない。『合憲の範囲での運用』『あとは見直しをしていく』と書いてある。今までわれわれが主張していたことと違わない」

 民進党は安保法制を憲法違反だと主張し白紙化を唱えてきた。その主張を前提にするなら「現行の安全保障法制は憲法に則り適切に運用」という書きぶりには決してならない。希望の党の政策に賛同した有権者のみならず、民進党の主張を支持する国民をも愚弄する姿勢だ。

 …と、まじめに突っ込むのはヤボなのかもしれない。変節を都合よく正当化し、臆面もなく「今までの主張と違わない」と断言する図太さこそが、4回連続ゾンビ復活の「生命力」の源泉なのだろう。凡俗の身にはとてもマネできない、と敬意を表しておきたい。

 「チョロネズミ」の中には、枝野幸男代表(53)率いる立憲民主党に逃げ込んで生き残った者もいる。もはや小欄ではおなじみの初鹿明博衆院議員(48)である。

続きを読む

このニュースの写真

  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

「ニュース」のランキング