産経ニュース

【野党ウオッチ】橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

9月25日、政党を次々と変える議員を「チョロネズミ」と揶揄した橋下徹氏のツイッター 9月25日、政党を次々と変える議員を「チョロネズミ」と揶揄した橋下徹氏のツイッター

 橋下氏が率いた地域政党「大阪維新の会」は、平成24年9月に「日本維新の会」として国政進出し、同年末の衆院選で54議席を獲得した。結いの党との合流などを経て「維新の党」へと姿を変えた後、27年に分裂し、橋下氏らは新党「おおさか維新の会」を結成した。同年末に橋下氏は政界引退し、おおさか維新の会は28年8月に「日本維新の会」へと改称、現在に至る。

 橋下氏が批判する「小選挙区で負けて比例復活しただけの議員」とは、維新の党分裂の際に決別した民主党出身の比例復活当選者らを指す。党の看板に救われて当選しておきながら「維新スピリッツ」に唾するかのような言動を繰り返す議員たちに対して、橋下氏は強い不快感を抱いていた。

 先の衆院選では、橋下氏がツイッターで言及した通り、これに該当する者の多くが落選の憂き目を見た。しかし、わずかではあるが、ちゃっかり生き残った政治家もいる。

 希望の党の今井雅人衆院議員(55)はその一人だ。

 読者の中には「チョロネズミという表現はさすがにひどいだろう」と思う向きもあるかもしれないが、この今井氏、なんと過去4回の衆院選全てに違う政党から立候補し、いずれも比例復活当選というものすごい遍歴の持ち主なのだ。党の看板「だけ」に頼り続けて、いまや立派な中堅議員の期数に達してしまったのだから、そのしぶとさには恐れ入るばかりである。

続きを読む

このニュースの写真

  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

「ニュース」のランキング