産経ニュース

【きょう読まれているニュース】【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【きょう読まれているニュース】
【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく

 きょう(11月2日)、読まれている記事ランキングです。

1位:【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく

 神奈川県座間市の住宅街にあるアパートの一室。10月30日、踏み込んだ捜査員は異様な場面に直面し、言葉を失った。約10日前から行方が分からない東京都八王子市の女性(23)をめぐる捜査。「どこにいる」との問い掛けに、白石隆浩容疑者(27)は「この中」といった趣旨の返答をし、クーラーボックスを指さす。【続きを読む】

2位:民進・小川勝也参院幹事長の長男逮捕 女子小学生つかみ転倒させた疑い「低学年女児に興味あった」

 小学校低学年の女児の服をつかんで転倒させたとして、埼玉県警所沢署は2日、暴行の疑いで東京都千代田区麹町、日大芸術学部2年、小川遥資(ようすけ)容疑者(21)を逮捕した。【続きを読む】

3位:【2018平昌五輪】強風、大勢の観客移動で揺れる開会式スタジアム 大統領府も舌打ちする不手際…

 強い風が吹いたり、大勢の観客が一斉に移動したら揺れるスタジアムって、欠陥建築ではないのか。【続きを読む】

4位:「笑えない」レベルに達した北のサイバー攻撃能力 制裁なし 金正恩氏の高笑いが聞こえる

 北朝鮮のサイバー攻撃が世界中で猛威をふるっている。最近は「サイバー大国」と呼ばれる米国の報道機関が危機感をあらわにし、警戒を強めるようになった。【続きを読む】

5位:【世界を読む】米社会引き裂く「像」問題、そして慰安婦像も…コロンブスやリンカーンも論争の的

 英雄か人種差別主義者か-。米社会で、南北戦争時の南軍の将軍たちやコロンブス、リンカーンにいたるまで歴史的な人物像の扱いをめぐる対立が広がっている。【続きを読む】

このニュースの写真

  • 【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • 【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • 【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • 【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • 【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • 【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく

「ニュース」のランキング