産経ニュース

【2018平昌五輪】強風、大勢の観客移動で揺れる開会式スタジアム 大統領府も舌打ちする不手際…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018平昌五輪】
強風、大勢の観客移動で揺れる開会式スタジアム 大統領府も舌打ちする不手際…

開・閉会式が開催されるオリンピアプラザ。韓国メデイアは大勢の観客が一斉に移動するなどで揺れると報じた。その要因とは…(AP) 開・閉会式が開催されるオリンピアプラザ。韓国メデイアは大勢の観客が一斉に移動するなどで揺れると報じた。その要因とは…(AP)

 強い風が吹いたり、大勢の観客が一斉に移動したら揺れるスタジアムって、欠陥建築ではないのか。2018年2月にスポーツの祭典として韓国・平昌で開催される冬季五輪の開・閉会式会場となるオリンピアプラザがこの状態だと、韓国・ノーカットニュースが10月20日付で報じた。累積赤字を避けるため、五輪後に一部撤去をしやすように建設されたのが要因と指摘されている。経費削減のためスタジアムには屋根がなく、観客は今のところ、氷点下約10度が予想される夜間に4時間行われる開会式に野外で、しかも十分な防寒装備も用意されていない中で観覧しなければならない。この状況に大統領府でさえ舌打ちしているという。

 3万5000席の観客席と7階規模の本館棟を備えた開・閉会式会場の建設をめぐっては、組織委員会などと国際オリンピック委員会(IOC)の間で論争となり、建設計画が二転三転した経緯がある。

 五輪誘致当初はジャンプ会場を拡張して会場に充てる計画だった。しかし、IOC側から競技進行に支障が出るなどと難色を示され、2012年7月に現在の場所に建設が一度は決まった。

 ところが、今度は政府が14年11月、予算削減のため江陵総合運動場を改造して開・閉会式の会場にする案を打ち出した。すると、平昌の市民が開・閉会式は主催都市で実施するという五輪憲章を持ち出し、反発。一部市民が五輪返上論を主張し、政府が案を撤回した。このため建設が遅れ、やっと16年6月に着工された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 強風、大勢の観客移動で揺れる開会式スタジアム 大統領府も舌打ちする不手際…

「ニュース」のランキング