産経ニュース

【スポーツ異聞】勝てない韓国サッカー 中国にランクで史上初めて抜かれる体たらく 「恨」が炎上中

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
勝てない韓国サッカー 中国にランクで史上初めて抜かれる体たらく 「恨」が炎上中

韓国サッカー代表の申台龍監督。10月の欧州遠征でロシア戦では守備崩壊で敗れ、苦渋の表情を浮かべていた(AP) 韓国サッカー代表の申台龍監督。10月の欧州遠征でロシア戦では守備崩壊で敗れ、苦渋の表情を浮かべていた(AP)

 韓国文化は「恨(ハン)」文化とよく言われる。まさに現在、成績不振の韓国サッカー代表と、それを抜本的に改善できない韓国サッカー協会が「恨」の対象となっている。韓国メディアは体たらくな現状に対する“責任論”を強調し、「誰も責任を取らない」と怒りが収まらない。

 2018年6~7月に開催されるワールドカップ(W杯)ロシア大会に9大会連続で出場を決めた韓国代表だが、アジア最終予選で格下相手に敗戦してウリ・シュティーリケ前監督が更迭され、今年7月に申台龍監督が就任。攻撃的サッカーを信条とし、反転攻勢が期待されたが、残り2試合だったアジア最終予選でいずれもスコアレスドローの結果に終わり、韓国のサッカー・ファンを騒然とさせた。

 さらに拍車を掛けたのが、10月の欧州遠征だ。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで当時51位の韓国は同64位のロシアに2分間でオウンゴール2発と完全に守備が崩壊する形で2-4の敗戦。続くモロッコにも1-3で敗北した。

 これで申台龍監督が就任してから韓国代表の成績は2敗2分け。不甲斐ない結果に怒った熱狂的なファン5人が、韓国代表が帰国した10月15日に仁川国際空港へ詰め寄せた。そして、掲げたのが「韓国サッカーは死亡した」という過激な横断幕だった。現場は一時騒然となり、空港で予定された監督の会見は急遽中止され、ソウル市内のサッカー協会に場所を変更せざるを得なくなったと、中央日報、SBSテレビなど韓国メディアが一斉に報じた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 勝てない韓国サッカー 中国にランクで史上初めて抜かれる体たらく 「恨」が炎上中
  • 勝てない韓国サッカー 中国にランクで史上初めて抜かれる体たらく 「恨」が炎上中
  • 勝てない韓国サッカー 中国にランクで史上初めて抜かれる体たらく 「恨」が炎上中

「ニュース」のランキング